iGamingの台頭

iGaming業界は、世界中の多くのアナリストが、近年最も急速に成長していると認める業界の一つです。その理由や今後の見通しなど、非常に興味深いデータが多数あります。早速その内容を見ていきましょう。

新型コロナウイルスが直接的、あるいは間接的に世界中の人々の生活に影響を与えたことは否定できません。多くの企業が経済的に多大な損失を被り、軌道を修正しようと試みてはいるものの、多くの困難な課題に頭を抱えています。その一方で、繁栄している産業があるのも事実です、その一つがインターネットやデジタルの世界に関連した産業です。

ギャンブルに関しては、以前からオンラインサイトでのゲームが人気でしたが、今回のパンデミックにより、オンラインにおけるカジノゲームのプラットフォームを開発するプロセスが劇的に加速しました。ギャンブルビジネスは資金面で困ることはありません。常に進歩と発展の余地があり、いつでもどこでも好きなゲームをプレイできることを人々が高く評価しているからです。

このように、オンラインギャンブルの将来には、高い期待が寄せられています。また、iGaming業界は非常に簡単に規制を適用できるため、州政府も違法で行われるギャンブルよりも関心を寄せています。さらに、近年は実店舗で全のギャンブルを利用する人の数が減っていますが、ギャンブルサービスを利用する市民の健康と安に注意を払うことができれば、合法化と規制の確立に向けて大きな前進となるでしょう。

賛否はあるかもしれませんが、ギャンブルはずいぶん昔から日本の文化の一部でした。しかし長い目で見れば、厳しい規制があるのは悪いことではありません。現在、日本には合法のカジノはありませんが、国民は海外のギャンブルサイトをこぞって利用しています。

では、政府はそれを防げるのでしょうか?もちろんです。では実際防げているのでしょうか?そうとも言えません。多くのアナリストは、日本政府がギャンブルの合法化に向けてゆっくりと動いていると考えています。実際、確実に規制を適用することができれば、これは国にとっても国民にとってもよい影響を与えるでしょう。幸い、パンデミック中に起こったロックダウンによって、このプロセスが促進されたため、数年後には完全な形で発表されるかもしれません。

まとめ

オンラインギャンブルの将来が、実店舗におけるギャンブルよりもはるかに明るいと見られている一番の理由は利便性です。さらに、テクノロジーの進化も止まることを知りません。ギャンブル業界の財務状況は極めて良好で、常に最新のテクノロジーを導入する余裕を備えています。2050年の世界を想像してみてください。仕事で疲れて帰宅した後、ベッドに横たわってリラックスしながら、超ハイテクメガネをかけてリアルな仮想世界に没入し、最高のラグジュアリーカジノでのゲームを楽しんでいるような。私に予知能力があるわけではありませんが、十分あり得る話だと思いませんか?